校長室

「誇れる敷中」をめざして


敷島中学校ホームページへようこそ!      

本校のある敷島地区は,県都甲府市に隣接する甲斐市の北部に位置し ています。学区の北側は山間地,南側は荒川扇状地先端の住宅地とな り,南北に細長く,高低差の大きな地域です。昭和二十二年の創立より平成の大合併(2004年)に至るまで,一町一 校の中学校として地域の教育センターとしての役割を担い,現在も特色ある多くの教育活動を展開しています。
伝統的に部活動が盛んに行われ,関東大会や全国大会に進む部も多く見られます。

本校には,前回の東京オリンピックの翌年から始まった「鍛練」と呼ばれる全校持久走,美しいハーモニーを紡ぐ県民文化ホールでの「合唱祭」,学園祭で披露される全校男子による「エッサッサ」と全校女子による「敷中ソーラン」,父母や地域とともに取り組む「有価物回収」や毎月のリサイクル活動甲府支援学校との交流,自立を目指す総合的な学習など,特徴的で伝統的な行事や学習があります。現状に満足することなく,さらに発展をめざしていきます。

また平成28・29年度,甲斐市「小中連携教育推進事業」の指定による研究に取り組み,昨年1月に成果発表会を実施しました。明らかとなった成果と課題をもとに,3つの小学校(敷島小,敷島北小,敷島南小)と手を携えて,今年度も新しい教育の歩みを進めています。

        どの子にも涼しく風の吹く日かな   (龍太)

校訓「 敬 愛 」

今年度は156名の新入生を迎え,在籍生徒総数486名(特別支援学級3を含む18学級)でスタートいたしました。校訓「敬愛」のもと,今まで培ってきた敷島中学校の財産を引き継ぎ発展させ,『誇れる敷中』をめざし,全職員が「子どもたちのために」を合い言葉にチーム敷中で邁進いたします。

この4月より本校勤務となった校長の中満一幸です。
将来この地域を支え,担っていく子どもたちの健やかな成長のため,これまで以上に保護者・地域の皆様との連携を深めて参りたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

     校長  中満一幸

学校教育目標へのリンク
30年度グランドデザインへのリンク