学校教育目標

令和2年度

令和2年4月1日

甲斐市立竜王南小学校

1 学校教育目標

 「楽しい学校(楽校)の創造」

  -やる気 こん気 げん気-

2 目指す児童像

■進んで学ぶ みなみの子ども (知育:確かな学力)

・見通しを持って行動し,自己決定ができる。

・自分のやり方で取り組み,自分で判断し,結果が出せる。 

■思いやりのある みなみの子ども (徳育:豊かな心)

・自分のよさを大切にし,人のよさを尊重できる。

・自己肯定感が高く,他と関わり合うことの大切さを知る。 

■じょうぶで元気な みなみの子ども (体育:健康な体)

・基本的な生活習慣に基づいた生活をし,自分の気力や体力の向上に取り組む。

・粘り強く物事に当たり,常に向上心を持つ。

3 学校経営目標

■知・徳・体の調和のとれた「生きる力」をはぐくむ信頼される学校づくり

■家庭・地域・社会と交流・協力・連携を図る開かれた学校づくり

■楽しい授業・居心地のよい集団・けじめのある生活・安心安全な環境を追究した活気ある学校づくり

■特色ある教育活動を展開する魅力ある学校づくり 

4 学校経営の基本

①「生きる力」をはぐくむ,教育課程の編成と実施

・地域や学校の実態及び児童の心身の発達段階や特性を考慮し,知・徳・体の調和のとれた「生きる力」の育成をめざす。また,適切で特色のある教育課程の編成と実施に努める。

②「確かな力」をはぐくむ,わかって楽しい授業の創造

・教材教具や指導法を工夫し,基礎的・基本的な学習内容を確実に定着させるとともに,一人一人を大切にし,児童の主体的・能動的な学びを促進するわかって楽しい授業づくりに努める。

③思いやりの心や情操を培い,「豊かな心」をはぐくむ,居心地のよい学校(集団)の創造

・学校生活全体を通して多様な教育活動を展開し,心豊かな人間性をはぐくむとともに,一人一人を大切にした学校行事や教育活動の工夫と認め合える集団づくりに努める。

④たくましく生きるための「健康な体」をはぐくむ,健康・安全な生活と環境の創造

・基本的生活習慣を大切にするとともに,健康・体力・安全・食に関する理解を深め,日常生活に生かすことができる教育活動の実施と安全・安心な教育環境づくりに努める。

⑤「信頼される開かれた学校づくり」の推進

・家庭や地域の実態や教育的ニーズを適切に把握し,特色ある教育活動を工夫しながら展開するとともに,情報発信を積極的に行いに努める。

5 経営目標と具体的な方策

〈教育活動〉

 3年後を見据えた中期経営目標とその段階的な達成を目指す1年ごとの短期目標と具体的な方策を定めて取り組む。短期経営目標及び具体的な方策は,年度毎の学校評価による検証を経て,見直し,重点的に取り組む目標と方策を明確にしながら全職員の協議による教育活動を実践していく。

領 域 中期教育目標 短期教育目標 具体的な方策

【知育】

学力の向上

①聞く,読む,書く,計算する等の基礎・基本的内容の確実な定着を図り,わかって楽しい授業を創造する。

◇きめ細かな指導方法,指導体制を整備するとともに,繰り返し学習を充実させ,基礎学力の定着を図る。

◇個に応じた指導を充実する。

◇やまなしスタンダードの授業づくりの視点を確立し,授業改善を図る。

◇家庭学習と有機的に結びつく授業づくりを推進する。

・朝学習の時間の計画的な活用と徹底

・家庭学習の習慣化に向けた取組の工夫(家庭学習の手引きの活用,家庭学習強化週間,学びの甲斐善八か条の推進)

・計算スキルプリント,チャレンジカード等の活用

・繰り返し学習や補充の時間の確保

・個別指導の充実

・ノート指導の充実

・学習課題の明確化

・校内研修の充実

②児童が課題を見つけ,解決できる主体的・対話的で深い学びの実現を図る。

◇自主的学習,課題解決学習を推進し,学ぶ意欲の向上を図る。

◇他の考えをしっかり受け止めて自己の考えを広げ深める(対話的)学習の充実を図る。

◇地域の教育力を積極的に活用し,体験学習を充実する。

・「意思決定場面」「選択場面」を意識した授業づくり

・「めあての自覚化」と「ライフタイム」の日常化

・ESDの視点を取り入れた授業改善

・ICT機器の活用

・学習規律定着の共通実践〈構え,姿勢,聞き方,話し方〉

・地域の人材や自然・文化等の教材化

・幅広い体験活動の充実

 

 

 

 

 

 

 

【徳育】

心の教育の推進

③心の教育を「挨拶」「規範意識」「なかよく遊ぶ」を起点に推進する。

◇挨拶,外遊びを中心に基本的な生活習慣を身に付け,よりよい人間関係づくりを推進する。

◇ルールやマナーを守ろうとする子を育てる。(基本的なソーシャルスキルを身に付ける。)

・具体的目標として明示(挨拶・返事,話の聴き方,規範意識,外遊び等)

・「竜王南小の約束」「当たり前10か条」の徹底

・強化期間設定

・全校集会

・保護者への啓発

④一人一人の児童を大切にし,互いに認め合う温かい人間関係を育む実践に全校で取り組む。

・いじめや不登校を生み出さない温かい人間関係を育てる学年・学級経営を充実させる。

・生徒指導を充実させ,いじめや不登校の未然防止を図る。また,事案に対して組織的・継続的な指導を行う。

・QUアンケートの活用

・いじめ調査の確実な実施と聞き取り

・学年,学級経営の計画的な遂行

・相談体制の充実と早期発見・対応〈教師の目配りと気配り〉

・児童、保護者との信頼関係確立

・名前の呼び方や言葉づかいの区別

・早期発見→迅速・組織的対応→早期解決→継続指導・ケア

⑤道徳教育と心を豊かにする活動の充実を図る。

・豊かな心を育てる道徳の授業の質的な充実を目指し,計画的な実践に取り組む。

・豊かな感性と心情を育てる読書活動の充実を図る。

・重点項目やカリキュラムに基づく実践の推進と相互の授業研究と授業改善

・「考え,議論する道徳」への転換と道徳の教科化への対応

・読書に親しむ機会の充実〈朝の読書,読書週間,家読の推進〉

 

 

 

 

【体育〈食育〉】

体力の向上と健康安全教育の推進

⑥基礎体力の向上を図る。

◇運動の機会を充実させ,体力の向上や健康の増進を図る。

◇体育の授業及び体育的活動による運動の日常化を図る。

・外遊びの励行と縦割り班活動の推進

・遠足,体育的行事,体育の時間の充実,集会活動の活用

・体力づくり一校一実践の徹底

⑦給食指導を充実する。〈食育〉 ・食に関する指導を充実し,食べることの大切さを理解し実践する態度を育てる。

・食と健康に関する指導〈学級指導・早寝早起き朝ごはんの推奨〉

・食事のマナーの定着

・食育の機会の確認

⑧健康と安全について児童が主体的に実践できるよう指導を充実する。 ◇自らの健康・安全を守る指導を充実する。

・心と体の健康づくりの取組

・防災・防犯・交通安全教育と安全指導〈学級指導,全校集会・登下校時等による指導〉

・避難訓練〈不審者対応も含む〉

 

【特別支援教育】

特別支援・ことばの教室の推進

⑨一人一人のニーズに応じた支援を全教職員協働で行う。

◇児童の実態を把握し,個のニーズに応じた適切な指導を行う。

◇特別支援学級に在籍していない支援の必要な児童への積極的な対応を図る。

・スタディルームの適切な運営

・校内支援体制確立(支援委員会・ケース会議・SC活用)と組織的対応

・ことばの教室(通級教室)の効果的な活用と連携

・支援〈指導〉方法の研修

6 求める姿

①求める学校像
・基礎的基本的な学習内容が身につく学校
・児童の個性を伸ばし,心を育む学校
・明るく信頼と節度のある学校
・地域社会との関わりを大切にする学校

②目指す教職員像
・子どもを大切にし,わかる授業のできる教職員
・常に学び合い,創意工夫する教職員
・個性を活かしながら,協調できる教職員
・人間性が豊かで,最善を尽くす教職員

③児童の具体目標

・げん気にあいさつする子ども
・きまりやルールを守る子ども
・そうじをしっかりする子ども
・なかよく遊ぶことができる子ども

7 特色ある教育内容と活動

  • 「当たり前10か条」の定着と拡大
  • 自己肯定感,自己指導能力を育てる積極的な生徒指導の取組
  • 校庭の芝を生かした教育活動の実践
  • ホームページの積極的な実践
  • 児童会を中心とした異年齢集団活動の実践
  • 積極的な学校開放と学校教育活動の可視化に向けた実践
  • 創意工夫した掲示板の運営
  • 地域人材や地域の自然環境,文化等の活用と地域交流の実践
  • スクールボランティア,ゲストティーチャー,外部講師,出前授業等の活用と実践
  • 保幼小中,その他の関係機関等との連携教育の実践

rmsho_10