学校長より【令和2年度vol.9】(20/05/15)

○雑感
分散登校1週目が無事に終わりました。

4日間、地区委員の方をはじめとして登下校の安全配慮には実に多くの方に関わっていただけました。

先週あたりから少しずつ朝の交通量も増え心配をしていたのですが、安全に登下校することが出来ました。本当にありがとうございました。

 

 さて、この春に、多くの登校班が新しい班長に代わりました。
中学年の時から継続して班長を務めるベテラン選手(!)もいますが、多くは最高学年でありながら新人という班長だと思います。

何度も何度も後ろの班員を気にしながら歩くその姿は良いものですね。
先頭を歩くことの大変さ、是非感じてほしいと思います。

そしてその新鮮な気持ちをいつまでも持っていてもらいたいものです。
今は「班長しっかりお願いしますね。」なんていうエールは必要ないですね。

 

 山梨県の緊急事態宣言は解除されましたが、学校の緊急事態宣言はまだ解くわけにはいかないと思っています。むしろ、これからの方が大変です。

 少しでも3密を回避するにはどうしたらよいのか。
 どのように学習を取り戻していくのか。
 給食をより安全に食すためにどんなことができるのか。

これ以外にもたくさんの課題があります。
新しい生活様式・新しい学校生活様式が浸透するまで少し時間を要します。
ただ、その間「気の緩み」などと言われることがないよう努めてまいります。

校長アイコン敷島小学校 校長  竹野 貢造

2020年05月15日12時00分